Q&A index
新着Q&A
個人技術
ポジション別
チーム戦術
ゴールテンディング
チーム運営
陸上トレーニング
コーチング
その他
質問受付

Q59:センタープレーヤーの極意とは?(01年6月2日)

Q:
アイスホッケーを始めて1年弱の初心者です。ウイングをやっていましたが代替わりでセンターをやらなくてはならないかもしれません。そこで、パスについての質問です。センターはパスを出せなくてはならないポジションだと思うのですが、パスを出すタイミングについて教えてください。自分では、パスを出すタイミングとはパックをもらった瞬間か、パックを持っていて、ついている相手を巻いた瞬間などの相手がずれる瞬間を狙うべきだと思っていますが、具体的な技術が知りたいです。またセンターに必要なポイントやとくに意識するべき1ポイントアドバイスのようなものがあれば教えてください。

ピヨコ

A:

まずはパスを出すタイミングについて。 パスが成立しやすい条件は二つあります。

  1. パサーにプレッシャーがかかっていない
  2. レシーバーにプレッシャーがかかっていない

両方が成立していることはまれですが、それを作り出すのが球技の妙というものです。

一般的に、パスを出した直後のプレーヤーにはマークが甘くなる、ことが多いので、パス &ゴーという技が有効になります。また、レシーブした直後のプレーヤーにもマークはつ きにくいことも事実です。ということは、パスが成功するかどうかはいかに瞬時にパック をさばくか、それにかかっているんですね。ワンタッチでのパスがサッカーやホッケーで 賞賛される理由がここにあります。

パックキャリアが相手を抜いた瞬間には、もちろん1の条件が成立しますが、相手を抜く ことに時間をかけすぎていると味方がマークされてしまうので2の条件が成立しなくなり ます。「時間は常に守りに味方する」ことを忘れずに。

ここまででお気づきのように、ピヨコさんの考えはすでにかなりいい感じで的を射ています。

そして、センターの心得について。実は私も現役プレーヤーだったころ、当時西武のコーチをしていた、リック・キャリア(デイブ・キングの秘蔵っ子。現在は北米でプロコーチとして活躍中)に同じ質問をしたら、1秒もおかずにズバリ、

「サポート」

と答えてくれて感動しました。「サポート」つまり「パックを持っていないときの動き」は パスの話と直接つながるのですが、サポートの極意とは

「困っている味方には近づいて助け、困っていない味方からは離れてパスをもらう」

ことです。例えば、

  • パックを持った味方ウイングに強いプレッシャーがかかっている場合は 近づいて短いパスをもらうか、ルースパックを取り返します。
  • 逆にパックキャリアがフリー ならば、自分はより有利なオープンエリアに行ってパスをもらいます。

これはセンターに限らず全てのプレーヤーが意識しなければいけないことなのですが、ディフェンスのサポートもウイングのサポートも受け持つことが多いセンターには特に必要な要素です。

それでは。

(回答者:若林弘紀

 

 

[ japanese home | about us | q&a | clinics | books | products | diary
| HLJ bbs | links | contact us | english home ]

このサイトは若林弘紀によって管理されています。
ご意見、ご質問等は hiroki@hockeylabjapan.com
までお寄せください。

Copyright 2000 by Hockey Lab Japan
このサイトの内容を無断で複写、転用、することを禁じます。

このサイトはリンクフリーですが、事後でも構いませんのでご一報いただければ幸いです。